BEQUA(ビキュア)の口コミは悪い?美白できない?本当の効果を検証しました!

10代・20代の頃と違い、30代以降のお肌の悩みといえば、女性をオバさん化させる「シミ」や「くすみ」ではないでしょうか?若い頃は海やプールで思い切り遊んでいたのに、紫外線を浴びるたびに濃くなっていくシミやくすみを気にして楽しめない・・・そんな女性は多いと思います。

とはいえ、今まで美白効果があるといわれている化粧品を使っても全く効果がなかった、シミを改善するのを諦めている・・・そんな人にこそおすすめしたいのがBEQUA(ビキュア)ホワイトニングクリームです。医学的に効果が認められている成分を配合した「医薬部外品」だから、今までの化粧品とは違う手応えを感じられるはずです。

そこで今回は、BEQUA(ビキュア)ホワイトニングクリームの気になる口コミや、配合されている成分、そしてお得に購入する方法などを一挙に解説します!

BEQUA(ビキュア)ってどんな商品?

それではさっそく、BEQUA(ビキュア)とは一体どんな特徴のある商品なのか?という基本からお話しします。

W有効成分でシミやくすみのない肌に

BEQUA(ビキュア)は、シミやくすみの専門クリニックのデータをもとにつくられた、医薬部外品のホワイトニングクリームです。クリニックでも美肌治療に使われている、美白有効成分「トラネキサム酸」や抗炎症有効成分「グリチルリチン酸」を贅沢に配合。
この2つの有効成分が肌内部の炎症をおさえて、シミやくすみのもととなるメラニンの生成をストップさせてくれます。とくに、トラネキサム酸は厚生労働省がその効果を認めている美白成分だから、他の化粧品とは違う確かな効果を感じられるはずです。

その他にも、美白ケアやエイジングケアに優れた植物エキスを6種類も配合。肌に優しい植物由来のエキスが、おだやかに美肌へと整えてくれます。

このように、BEQUA(ビキュア)の効果の秘訣は、W有効成分がシミを狙い撃ちしてメラニン色素の生成をもとからストップさせてくれるところ、そして植物エキスがシミの出来にくい肌環境をつくってくれるところにあります。この「攻め」と「守り」のケアで、子どもの頃のように透明感のあふれる美肌をつくってくれるんです。

満足度92%だから、確かな効果が期待できる!

すでにBEQUA(ビキュア)を使っている女性に調査をしたところ、なんと92%が「効果に満足している」と答えました。「長年の悩みから解放された」「姉妹で一緒に使っています」「BEQUA(ビキュア)に出会えて良かった!」と、愛用している女性からの喜びの声も届いているようです。
なかなか効果を実感しにくい美白ケアで、こんなに満足している女性が多いのは驚きですね。これなら、今までの美白クリームでは効果を感じられなかった人でも使ってみる価値アリです!

BEQUA(ビキュア)はこんな人におすすめ

BEQUA(ビキュア)はこんなお悩みを持っている女性におすすめのクリームです。

・シミやそばかすをどうにかしたいけど、レーザーは高くて無理!
・若い頃のように透明感のある肌になりたい
・毎年うっかり日焼けをして、肌荒れしてしまう
・確かな効果が認められている化粧品しか使いたくない
・面倒なケアは続かない

シミやそばかすを隠すためについつい厚化粧をしてしまったり、年々顔のくすみが気になるようになった大人女子こそ、BEQUA(ビキュア)の効果を感じられるはずです。
そして、美白をしたいけど、マメに日焼け止めを塗り直したり、美白のサプリメントを1日に何度も飲んだりする面倒なケアが続かない!という女子にもおすすめです。
1日にたったの15秒、BEQUA(ビキュア)を優しく塗り込むだけで眠っているあいだに美白成分がしっかり肌の奥で働いてくれるから、毎日忙しい大人女性でも無理せずケアを続けられます。

BEQUA(ビキュア)の口コミ

どんなに成分が良いと言っても、実際に使っている人の口コミが悪いと試してみる気にはなりませんよね。そこで、実際にBEQUA(ビキュア)を使ったことのある人の、良い口コミと悪い口コミ、両方を調査してみました。

BEQUA(ビキュア)の良い口コミ

気になっていたシミが本当に・・・

30歳を過ぎてから目元にぽつぽつとソバカスのようなシミができ初め、なんだか毎年増えているような気がしてすごく気になっていました。もともと肌が弱いので刺激の強い成分は使いたくないし、どうしようと思っていたところ、たまたまネット検索でビキュアを見つけました。正直ちょっと疑っていた部分もあったのですが、とりあえずひとつ使ってみたところ、本当にでき初めのシミが薄くなっているのを感じたんです。薄い茶色から徐々に肌色に戻っていく感じで、「効いてる!」と嬉しくなりました。まだシミが消えたとまではいきませんが、確実に効果を感じているので、これからも使い続けます!

肌の色がパッと明るくなった!

20代の頃は「肌に透明感があるね」とよく言われていたのに、いつのまにか1年中顔色が悪いようなくすみを感じるようになりました。”美白”と名のつく化粧品は片っ端から試したのですがイマイチ効果を感じず、やっぱり医薬部外品の方が効果が高いのかな・・と思い、ビキュアをネットで購入。1本使い終わったあたりでは、「なんとなく効果があるような、無いような・・」という感じでしたが、2本目を使い終わる頃には「肌白くなったね」と周りに言われるようになりました。たしかに、今まで使っていたファンデーションの色が暗く感じるようになっています。これは本当に他の化粧品とは違いますね。こういうものは1年中使い続けてこそ効果があると思うので、しっかりストックも購入するつもりです。

美白以外の効果も感じました!

もともと、シミとソバカスをどうにかしたくてBEQUAを使い始めたのですが、いつの間にか肌荒れやニキビが気にならなくなっていました。もともと敏感肌で、ちょっとした事で肌が赤くなったりガサガサになったりと荒れやすい事が悩みでしたが、それがすっかり良くなったんです。ニキビも、毎晩BEQUAでケアするようになってから、赤くなる前にスーッと消えていきます。BEQUAの成分に抗炎症効果のあるものが配合されているようなので、それが効いているんだと思います。まだ使い始めて1ヶ月ほどなのでシミやソバカスに変化はありませんが、肌全体がキレイになっているので、私は大満足です。美白効果も使い続けるほどに実感できるといいな。期待してリピートしたいと思います。

日焼け後も肌荒れしない!

毎年海やバーベキューに行って真っ黒になってしまうので、そろそろ本格的なケアをしないとマズいなーと思い、美白化粧品を色々と買い込みました。その中でも、私の肌にはビキュアが1番効果アリでした。私はもともと日焼けしやすいので、赤くならずに次の日には黒!という感じなんですが、ビキュアを毎日使っていると黒くなりにくい感じがしてます。そして何より、日焼けした肌がボロボロにならない!いつも夏は肌がガサガサになっていたのに、今年はずっと調子がいいんです。手触りもつるっとして、日焼けのダメージを受けていない感じがします。これは、ずっと使い続ければかなり美肌になるんじゃないでしょうか?かなりおすすめできるクリームですよ。

BEQUA(ビキュア)の悪い口コミ

美白効果はいまいち・・

トラネキサム酸配合のクリームを探していて、値段もまぁまぁ手頃だったのでネットで購入しましたが、今のところ美白効果はいまいちですね。確かに肌荒れしにくい肌になったというか、肌のゆらぎが無くなったのは感じていますが、肝心のシミは相変わらずです。もうすぐ1本使い終わるので、リピートするかは迷っています。

とくに変化は感じません

日焼けした後に必ずシミが濃くなるので、日焼け後の肌ケアに使っています。長時間日差しを浴びた後は必ず使っていますが、特に大きな変化は感じないですね。強いて言えば、シミが濃くなってはいない気がします。値段も値段なので、ひとつ使い終わったら他の美白クリームを試してみようかなと思っています。

BEQUA(ビキュア)の口コミから分かったこと

BEQUA(ビキュア)の良い口コミをまとめると、「シミが徐々に薄くなった」「肌のくすみが取れた」「肌荒れしにくくなった」「ニキビが治りやすくなった」「日焼け後のダメージを感じなくなった」など、トータルで肌悩みが改善されている人がたくさんいるようですね。

一方で、「シミには効果がない」「とくに変化を感じない」という人も。BEQUA(ビキュア)の効果を感じなかったという人の口コミを分析してみると、まだ1本目の人や、毎日使っていない人が多いようです。
シミを薄くするには、肌の奥に根付いているメラニン色素をターンオーバーによて少しずつ外に排出していかないといけません。それには、最低でも3ヶ月は使い続ける必要があります。また、日焼けしたあとだけでなく、毎日しっかりBEQUA(ビキュア)を肌に塗り込みましょう。まずは焦らず、正しい方法でしっくりケアをしてみてください。

BEQUA(ビキュア)のWの有効成分って?


BEQUA(ビキュア)には、医学的に効果が認められている2つの有効成分が配合されています。ここでは、その成分がどんな仕組みで美肌に効果があるのか?について、詳しく解説します。

美白有効成分「トラネキサム酸」

トラネキサム酸は、シミやそばかす・肝斑の改善のためにクリニックでも処方される美白有効成分です。もともとは抗炎症薬として使われてきた歴史がありますが、じんましんの治療のために処方したところ、偶然にも肝斑が改善することを発見したキッカケで美容目的の治療薬として使われるようになりました。

トラネキサム酸は、飲み薬として内服する方法と、化粧品に配合して外用する方法の2種類の方法で使われます。化粧品に配合する場合は「m-トラネキサム酸」というメラニンの生成をおさえる効果のあるトラネキサム酸の誘導体を使用します。これはもともと資生堂が開発した成分で、今ではさまざまな美白化粧品に配合されています。

トラネキサム酸の効果のしくみ

紫外線を浴びると、「プラスミン」という酵素が活性化し、それによってメラニンをつくりだす細胞「メラノサイト」に「シミをつくれ!」という情報が送られます。紫外線を浴びたあとは、しばらくこの情報が送られ続けるので、増え続けたメラニンがやがてシミやソバカスとなってしまうのです。これがシミのできるメカニズムということですね。

トラネキサム酸には「抗プラスミン作用」があるので、メラノサイトに情報を送るプラスミンの活性化をおさえてくれる働きがあります。つまり、紫外線を浴びてもメラニンがつくりだされなくなるということ。しかも、プラスミンは炎症によって肌荒れを起こさせる作用もあるので、それを防ぐことによってすこやかな肌を保つことができます。

このようにトラネキサム酸にはたくさんの美肌効果があり、肝斑・老人性色素斑・赤みやかぶれ・くすみ・ニキビ跡の色素沈着などを防いで、オールマイティーに効果を発揮してくれます。

ですが、これだけ効果があると副作用の方も心配になりますよね。確かに、強い効果のある美白成分は肌がまだらになってしまうなどの白班の危険があるものも少なくありません。
でも、トラネキサム酸はそんな心配はありません。すでにシミやソバカスができているところや、メラニンがつくりだされているところにだけ美白効果を発揮して、それ以外の部分には影響がないため、白班などのリスクがないのです。
クリニックでもトラネキサム酸配合の化粧品は販売していますが、市販のものでも副作用の心配なく使うことができますよ。

抗炎症有効成分「グリチルリチン酸」

BEQUA(ビキュア)に配合されている有効成分の2つ目は、グリチルリチン酸です。聞き慣れない人も多いと思いますが、グリチルリチン酸はマメ科の植物「甘草」の根や茎から抽出した成分で、古くから漢方薬としても親しまれています。

抗炎症作用や抗アレルギー作用があることから、風邪薬や目薬、トローチなどにも使われている安全な成分です。そして、皮膚炎や肌荒れ、ニキビなどにも効果が認められていてクリニックでも治療薬として使用されています。

グリチルリチン酸の効果のしくみ

グリチルリチン酸は、美白にも効果があるといわれていますが、他の美白成分とは少し役割やしくみが違っています。メラニンを抑制する訳ではなく、日焼けや肌荒れなどで炎症を起こした角質層を正常な状態に整えることで、ターンオーバーを促進してメラニンの排出を促す作用があるのです。つまり、シミになる前にメラニンを外に排出してくれるということですね。
しかも、ターンオーバーが促進されれば古い角質が剥がれ落ちて新しい角質に生まれ変わるため、肌のくすみが取れて透明感が出ます。

グリチルリチン酸は、肌荒れ・ニキビ・毛穴・シミ・くすみ・皮脂によるベタつきなどたくさんの肌悩みを改善する効果がありますが、保湿効果はないため、化粧品として使う場合は保湿成分と一緒に使うと良いでしょう。

BEQUA(ビキュア)に含まれる6つの植物エキス

BEQUA(ビキュア)には、トラネキサム酸やグリチルリチン酸以外にも、美白効果やアンチエイジング効果のある6つの植物エキスが配合されています。

ボタンエキス

ボタンエキスは、その名の通りボタンの根皮から抽出したエキスです。抗炎症作用や色素沈着を防ぐ作用があり、さまざまな美肌効果が期待できます。抗炎症作用は、肌荒れだけでなく紫外線による炎症をおさえることでメラニンを減少させる効果があります。また、ボタンエキスにはシワの原因となるタンパク質分解酵素を抑制する作用があるので、コラーゲンやエラスチンを守ってハリのある肌に導いてくれます。

カッコンエキス

カッコンエキスは、クズというマメ科の植物から抽出したエキスで、別名クズ根エキスとも呼ばれます。美肌効果だけでなく、葛根湯などの漢方薬としても幅広く知られていて、昔から身近にある成分でもあります。カッコンエキスは、化粧品として使用することで肌の内部に尿素を増やす働きがあることが分かっていて、保湿成分としても使われています。また、コラーゲンの合成を助けたり肌の水分量を上げて、くすみのないみずみずしい肌にしてくれることからアンチエイジング成分としても使われます。

コメヌカエキス

コメヌカは、日本人に古くから親しまれてきた成分ですね。化粧品に使われるコメヌカエキスとは、玄米を精米する時に出る果皮や種皮などのコメヌカを発酵させ、つくりだしたエキスのことをいいます。まだ化粧品がなかった時代から、コメヌカは肌のお手入れに使われてきた歴史があり、その美肌効果で女性の肌を美しくしてきました。コメヌカエキスにはビタミンBやビタミンE、フェルラ酸、アミノ酸などが豊富に含まれていて、肌のバリア機能を高めたり、角質を潤して肌を柔らかくする作用があります。その他、血行促進効果や高酸化作用などもあり、オールマイティーに美肌をサポートしてくれます。

ユキノシタエキス

ユキノシタエキスは、昔からハーブとして使われているユキノシタという植物から抽出したエキスです。抗炎症作用や抗菌作用があることから、ニキビや肌荒れに効果があります。また、ユキノシタエキスには美白成分アルブチンが含まれているので、紫外線を浴びたあとのメラニンの生成を防ぐ効果も認められています。さらに、すでに紫外線によってダメージを受けてしまった肌の修復効果もあることから、予防と修復のWの効果で紫外線から肌を守ってくれます。

アロエエキス

食用としてもお馴染みの、アロエの葉を乾燥させて抽出したエキスです。傷や火傷の民間治療にも使われているほど、ダメージを受けた細胞を活性化させる効果があり、化粧水やジェルなどにも良く配合されます。またアロエエキスは、紫外線による肌の老化を予防したり、メラニンが定着するのを防ぐ効果があります。さらにニキビや肌荒れの炎症を抑える効果もあり、肌全体をすこやかに整えてくれます。

クロレラエキス

湿地や河川などに生息する緑藻類のクロレラから抽出したエキスです。ビタミンBやミネラル、タンパク質、アミノ酸などが豊富に含まれていて、保湿効果や乾燥によるくすみを改善する効果があります。また、紫外線によってコラーゲンがエラスチンが変性してしまうのを防いでくれる効果があるため、シワやたるみを予防するアンチエイジング効果も期待できます。化粧品以外にも、細胞を活性化させる効果を生かして育毛剤などに配合されます。

BEQUA(ビキュア)の全成分

アレルギーなどで肌につけられない成分がある人や、成分の安全性にこだわりたい人のために、BEQUA(ビキュア)の全成分を記載しておきます。

トラネキサム酸、グリチルリチン酸ステアリル、精製水、カルボキシビニルポリマー、1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、セトステアリルグルコシド・セトステアリルアルコール、アラキルグルコシド、アラキルアルコール、ベヘニルアルコール、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、コメヌカ油、ユキノシタエキス、ボタンエキス、カッコンエキス、クロレラエキス、エロエエキス(2)、メチルポリシロキサン、天然ビタミンE、ポリアクリル酸アミド、形質流動イソパラフィン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル、フェノキシエタノール

BEQUA(ビキュア)の原材料名はこのようになっていますが、普通、原材料名は配合する成分が多い順に並べられます。つまり、有効成分であるトラネキサム酸とグリチルリチン酸の配合量がとても多いことが分かりますね。有効成分が入っていると言っても、実はとても少量だったという化粧品もありますが、BEQUA(ビキュア)は美白に効果的な量をしっかり配合していることが分かります。

BEQUA(ビキュア)の安全性

BEQUA(ビキュア)に配合されているトラネキサム酸は、内服する場合は副作用がありますが、化粧品として使用する分にはアレルギーや副作用の心配はほとんどありません。そして、グリチルリチン酸も、もともと植物由来の成分なので敏感肌にも使用できる安心な成分です。

その他の植物成分も、漢方やハーブ、民間療法などに使われているものばかりなので、もちろん肌にはとても安全なものばかりです。さらに、BEQUA(ビキュア)は合成香料やアルコールを一切使用せず、肌が弱い人でも安心して使えるようつくられています。
ただし、天然由来の成分をたっぷり使用しているだけに、保存方法によっては変色する場合があります。品質には問題がないのでそのまま使用しても大丈夫ですが、劣化を防ぐためにも直射日光を避けて、高温や低温での保存は避けましょう。

そして、すべての人にアレルギーが起こらないというわけではないので、もしも肌に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け、黒ずみなどの異常を感じたときはすぐに使用を中止して、医師に相談してくださいね。

BEQUA(ビキュア)の効果的な使い方

BEQUA(ビキュア)の効果を最大限に出すためには、肌が生まれ変わる就寝前に使用するのがベストです。もちろん他の化粧品とも併用して使えますよ。

step1: 洗顔後、化粧水でお肌を整えたあとに適量(大きめの真珠1粒大)を手に取り、手のひらで温めます。そして頬の中心からこめかみに向かって、優しくなじませます。フェイスラインは引き上げるようになじませてください。

step2: 次に、額の中心からこめかみに向かってなじませます。目元のケアは、親指以外の4本の指で両目の周りをやさしくなじませてからこめかみを軽く押してください。

step3: 仕上げは、顔全体を両手で包み込んでハンドプレスします。肌にしっかり浸透するように、手の温度を肌に伝えながら密着させて下さい。

BEQUA(ビキュア)はどこで買える?

BEQUA(ビキュア)は、Amazonやyahooショッピングでは取り扱いがありませんでした。楽天ではいくつか出品されていましたが、正式な販売元の株式会社TRUSTからの出品ではなく、転売のようです。価格も、公式サイトより割高となっていますね。

公式サイトなら、お得なセット価格が用意されていますし、商品に不具合があった時はもちろん返品・交換できます。化粧品と言えども自分の肌に毎日つけるものなので、正式な販売元から購入することをおすすめします。

BEQUA(ビキュア)を買うなら公式サイトで!

BEQUA(ビキュア)の公式サイトでは、単品、3本セット、5本セットの3種類のコースが用意されていますが、それぞれお得な割引があります。

・単品 通常価格12,000円が特別価格で3,800円(送料864円別途)

・3本セット 通常価格36,000円が特別価格で11,400円(送料無料)

・5本セット 通常価格60,000円が特別価格で19,000(送料無料)※5本セットなら、さらにもう1本プレゼント

これはかなりお得になっていますね。5本セットなら41,000円も割引になる上に、しかももう1本プレゼントですから、これ以上ないくらいの割引特典です。現在かなりの人気商品のようなので、気になる人は欠品となってしまう前に、早めに公式サイトをチェックしてみてください!

BEQUAの購入はこちらから!

まとめ

塗るだけでシミやソバカス、くすみのない透明感あふれる肌にしてくれるBEQUA(ビキュア)をご紹介しました。

BEQUA(ビキュア)は、他の化粧品と違い、医学的に効果が認められている美白有効成分「トラネキサム酸」や抗炎症有効成分「グリチルリチン酸」を配合している医薬部外品だから、いままでの美白クリームでは満足できなかった人も、きっと確かな効果を感じられるはずです。

その他にも、美白効果やアンチエイジング効果のある6つの植物エキスを贅沢に配合。

・ボタンエキス
・カッコンエキス
・コメヌカエキス
・ユキノシタエキス
・クロレラエキス
・アロエエキス

敏感肌でも安心して使える植物由来の成分が、優しくお肌を守ってくれます。

お手入れ方法はとても簡単で、夜眠る前にやさしくお肌に馴染ませるだけ。15秒でケアできるから、忙しい女性でも簡単に続けられます。

そんなBEQUA(ビキュア)は、公式サイトからの注文なら単品からでもお得になる割引特典が用意されています。「お肌に合うか心配」という人は、まずは1本お試しで使ってみて、使用感を確かめてみてはいかがでしょうか?

BEQUAの購入はこちらから!

この記事を書いた人

plc2013

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です